好きなものに囲まれて暮らす。

アラフォー夫婦とトイプードルなぎとの暮らし。好きなジャンルを思いつくまま、気の向くままのゆる~いブログです。

<東京で戸建ては買えるのか?>目からウロコの内覧会。

Sponsored link

新築戸建て

月のゴールデンウイークを利用して、新築戸建ての内覧会に参加してきたなぎママです。

 

旦那はもともと持ち家に住んでいたので、戸建てに対してのイメージはできあがっていると思うのですが、私は生まれたときから賃貸物件に住んできたため、

 

戸建てを購入するにあたっての「条件」

 

が、あまり思い浮かびませんでした。住宅メーカーへ行っても「なにを質問すればいいのやら?」な状態。

 

ですが実際に住宅メーカーへ訪れ、住みたい場所や物件価格などを伝えていくうちに、何となくですが自分たちの住みたい家の理想像が見えてきました。

 

実際3件の新築物件を内覧してわかったこと、たとえば

 

  • インターネット上ではわかりづらかった環境
  • さけていた物件が、思いのほか良かった

 

ことに気づくことができたので、今日はその辺りについて書こうと思います。お話しする内容にきっとあなたも目からウロコ!間違いなしです(笑)、な~んて(;^_^A。

Sponsored Link
 

 

住宅メーカー

気になる新築戸建ての情報を、事前にインターネットで集めていました。資料など送っていただいたのですが、一番丁寧な資料を送ってくださった大手住宅メーカーIへ訪問しました。

 

アンケート

まずは、簡単なアンケートの記入から。

  • 名前
  • 住所
  • 購入を希望する地域
  • 会社名
  • 年収

つぎに、希望条件を絞り込んでいきます。

 

希望条件

いま住んでいる稲城は、自然や公園が多く環境的には抜群に良いのですが唯一の欠点が

 

  • 土地の高低差がはげしい
  • 家のすぐそばに、鉄塔(高圧線)がある

 

ペーパードライバーの私には、駅から自宅に帰るだけでもハードな道のりです(健康には良いけれどね)。

 

担当してくださったAさんから、家を購入するにあたりこの2点を「良し」とするか、と聞かれすかさず

 

嫌です。

 

と返答してしまった私。

 

この2点は、家を購入する際の「譲れない条件」にあてはまることとなりました。坂道はともかく、鉄塔はそれほど気にしていなかったのに。

 

自分の考えを客観的にみることも必要ですね。

 

 

物件探しの流れ

先ほどの「希望条件」をふまえて、現在メーカーさんがもっている新築戸建物件の情報をいくつか見せていただきました。

 

が、まだまだわからないことだらけの私たち。気になる価格や、ローンの説明をAさんよりしてもらいます。

 

 

住宅ローン

ご主人がお勤めになる会社によりますが、組合に入っている旦那にAさんは

 

ろうきん

 

をすすめてくださいました。その他にも2つほど選択していただき、どこでローンを組むかが決まれば、

 

事前審査

 

を受けておくと、今後気に入った物件を見つけた時に審査がスムーズに進むとのことでした。事前審査に関する資料は、後日郵送で送っていただくことに。

 

www.jutapon.com

 

 

おすすめエリア

自分たちの住みたい、条件に合った希望エリアはある程度伝えていましたが、Aさんからも推薦された場所がありました。それは、

 

  • 八王子

 

  • 埼玉

 

です。この2つのエリアは、確かにこちらの条件を満たしています。専門家にすすめられると、あっさり候補に入ってしまうものですね。

 

 

内覧会

希望エリアや、お金の流れ、を理解できたところで早速内覧会へ。事前に資料で送っていただいた物件から見せていただきました。

 

訳あり物件

価格、間取り、日当たり。図面上の条件は完璧だった戸建て。実際に足をはこんでみたときにAさんが一言、

 

実は、ここの物件は訳ありでして

 

家の見た目だけではわかりませんでしたが、リビングに足を踏み入れてすぐに理解できました。

 

一番良い景色であってほしいリビングの窓の向こう側の景色が、とある会社の倉庫でした。

 

倉庫が壁のように立ちはだかり、リビングから見える景色はグレー色。「これはないな」と。この現実は図面じゃわからないことでした。

 

カーテンレールと網戸

もともと戸建てにお住まいの方であればご存じだと思うのですが、賃貸だと当たり前に備わっている

 

  • カーテンレール

 

  • 網戸

 

が、新築の戸建物件には、ない!という事実にビックリしました。購入後にかかる費用の一つですね。

 

旗竿地(はたざおち)物件

避けたいと思っていた旗竿地(はたざおち)物件。

 

▼旗竿地(はたざおち)とは

 

ところが、今回内覧した旗竿地(はたざおち)物件は良かったんです!

 

  • 光の取り込み方
  • 間取り
  • 建て方

 

隣家とピッタリくっついているわけでもなく、少しずらして建てられているので窓の向こう側に隣家の窓がある、という部屋が一つもありませんでした。

(ちなみに4LDKです。夫婦2人に犬1匹では広すぎます^^;)。

 

風通しを考えれば、隣家を気にせず窓を開けられるのは大きなメリットですね!

 

 

まとめ

ネットで調べただけの条件で「あーでもない、こーでもない」と考えていましたが、実際にその土地に行ってみると物件にも相性ってあるんだなぁ、ということに気がつきます。

 

多くの家をみればみるほど「譲れること」「譲れないこと」がハッキリしてくると思うので、良い縁を期待しながら内覧会を楽しみます!