好きなものに囲まれて暮らす。

好きなジャンル(占い・トイプードル・スポーツ・宝くじ・パワースポットなど)についてマイペースで綴っています。

<平成30年7月豪雨支援募金>
団体による支援

<コンビニから募金>
コンビニ端末で募金をする

<劇団四季>ミュージカル「ライオンキング」を観劇中にガマンしていたこととは!?

Sponsored link

ライオンキング

年前に劇団四季の「オペラ座の怪人」を観劇し、劇団四季のすごさに度肝を抜かれたなぎママです。

 

「オペラ座の怪人」の余韻が私の体に残ったままはや数年。次に見ようと決めていた「ライオンキング」を、やっと観劇することができました!

 

一年前からチケットを確保し、待ちに待った当日。はやる気持ちをおさえながら大井町にある劇団四季シアターへ。

 

積水ハウスミュージカルシアター 四季劇場[夏] | 劇場情報(劇場・アクセス) | 劇団四季

 

夢見るような時間を過ごすはずの私は、まさか開演後に数時間もだえ苦しむことになろうとはこの頃夢にも思ってもみませんでした。

Sponsored Link
 

 

ミュージカル観劇中に訪れたまさかの不運

開場してすぐにシアターに入り、混む前にお手洗いへ。準備も完璧にしていざS席へ。「ミュージカルもたま~にしか見ないから、チケットを買うなら絶対にS席!」と豪語していたけど、大井町のシアターはそれほど規模も大きくなく絶対に前方ということでなくても楽しめそうな雰囲気でした。

 

そんなことを考えながらライオンキング開演間近になってきた時、私に不運が訪れたのです!

 

 

S席での悲劇

あれ?あれれ?またトイレに行きたくなってきたぞ

 

そうなのです。さっき行ったばっかりなのに、またもお手洗いに行きたくなった私。

 

開演10分前

 

座席は、S席のど真ん中

 

左右には、すでにお客さんが座っていらっしゃる。前席との間も狭い(昔の映画館のような感じ)ので、

 

「お客さんの足をかきわけてトイレに行くのもなぁ、申し訳ないし。さっきトイレに行ったから途中の休憩までは大丈夫かな?でも行ったほうがいいかな?でもなぁ・・・」

 

を繰り返しておりました。結果、この判断が間違っていたことに・・。

 

 

一人トイレガマン大会

開演後もしばらくは、演者の方々の歌唱力や面白いストーリーに魅了されていましたが、それでも頭の片隅に「トイレに行きたい」という気持ちがずっとありました。

開演1時間を過ぎてきた頃には、もう完全に私の頭は

 

トイレ一色に!

 

早く休憩になってほしい。この後か?この後か??と、残念な思考に変わっておりました。

 

開演前の10分間でトイレに行けたのに・・・。

 

私は何を迷っていたのだろう。

 

もう後悔の嵐ですよ、こうなると。気付かないフリなんてできません!シンバと仲間が「ハクナマタタ」を歌い終わった後、やっと私の待ちに待っていた休憩タイム!!!

 

トイレタイム

 

トイレに向かえたはいいものの、今度はお客さんたちの長蛇の列!?

 

「私は大人、私は大人・・」と言い聞かせながら、理性をなんとか持ち続け待ちに待ったトイレタイムへ。

 

「よし!これで後半はゆっくりとミュージカルを楽しむことができるぞ」な~んて思いながら後半へ。

 

ところが・・・。

 

後半1時間が経過するころ、再び頭は元のトイレ一色状態!

 

前半の「トイレ我慢大会」の影響が体に残っていたようで、後半もまさかの「我慢大会(再)」。

 

どうしても他のお客さんの邪魔をしたくなかったけど、前半と違ってもうジッとしてられないほど追い詰められた私はギブアップ!トイレへ向かうことに。

 

開演10分前の私の迷いが、結局他のお客さんの邪魔してしまったーーー!!!

 

お客さんの観劇を邪魔しながら(心の中では土下座していました(´;ω;`)ウッ…)無事にトイレへ。四季劇場の案内係の方に「あとどのくらいで終わりますか?と尋ねたところ、「10分程度です」と。

 

我慢できたかもしれん、後悔すでに遅し。

 

ライオンキング公園の終わり10分前に、やっ~とトイレの呪縛から解き放たれた私。たかが10分、されど10分。私にとっては判断の誤った「魔の10分間」でした。

 

次からは開演5分前だったとしても、絶対にトイレに行こうと心に誓い帰路へ。

 

※ライオンキングは本当に素晴らしかったですよ!初観劇の旦那はえらく感動していました。それを見ただけでも良かったかな(;^_^A。

Sponsored Link
 

おまけ

シンバの子役の男の子もなかなかかわいかったけど、度肝を抜いたのがナラ役の宿口詩乃ちゃん。

透き通る声、滑舌、歌唱力、詩乃ちゃんが歌うとおなかの中にズドーンと響くかなり心地よい声。本当に感動しました!