好きなものに囲まれて暮らす。

好きなジャンル(占い・トイプードル・スポーツ・宝くじ・パワースポットなど)についてマイペースで綴っています。

<平成30年7月豪雨支援募金>
団体による支援

<コンビニから募金>
コンビニ端末で募金をする

<トイプードル>子犬をむかえる前に準備したものとは?

Sponsored link

犬との暮らし

を飼うことが決まったら、迎え入れる前にいろいろと準備をする必要があります。はじめて犬を飼う方にとっては、

 

何を?

 

どのくらい??

 

準備すればいいか迷ってしまいます。そこで今日は、わが家で実際に準備したものをご紹介しますので、ぜひ参考になさってください!

 

Sponsored Link
 

 

 

犬をむかえる準備

トイプードルを一匹迎え入れる場合に実際にそろえたものです。

 

ケージ 

犬の「家」です。

犬をお留守番をさせるときに必要ですので、必ず用意しておきましょう。

※お留守番のあいだ、犬をフリーにさせているおうちもありますが、誤飲する可能性、観葉植物などを食べたりする可能性、がゼロではないので飼い主さんが安心して外に出るためにもケージは必要です。

 

犬は広いスペースだと不安を覚えてしまうので、「おうち」が一番安心できる場所だと覚えさせましょう。

 

飼い主としては「できるだけ広い場所にいさせてあげたい」という気持ちがありますが、犬にとっては「迷惑な話!?」なのかも(;^_^A。

 

それでも、そこそこ大き目のサイズ(ある程度の成長を見越して)を購入したんですけどね。

 

犬用のケージ

 

▼生後6カ月頃の、なぎ。

ケージのサイズ

 

なぎがきたばかりの頃は大きすぎたケージも、体重が2.2kgにもなると普通サイズです

※追記:2018.4月現在、体重は5kgとなりましたー!ケージとのサイズ感はピッタリになりましたけどな(-_-;)

 

 

屋根はべつの機会に。急いでつける必要がないので後回し。なぎにジャンプ力がついてきたらいずれ買わなければ。

※追記:脱走劇があり、急いで屋根を購入。

 

▼脱走記事はこちら。

 

 

クレート

犬のクレート

犬の寝床でもあり、家から外に出る時の移動用の箱でもあります。

 

電車、バス、タクシーでは、クレート(またはケージ)に入れて乗せることを規定されています。なので、

 

クレートは、子犬の頃から慣れさせた方が良い!

 

購入時は、大きすぎたクレートも半年たてばクレートにさえ入れないんじゃなかろうかという不安が頭をよぎります。

 

※追記:やはり入れなくなり、大きいサイズに買い換えました。

 

 

給水ボトル

犬用給水ボトル

必需品です。

 

なぎはこちらのタイプを愛用していますが、実家のミニチュアダックスはボトルでは飲まずお皿型を愛用。犬にも好みがあるんですね。

 

 

犬用トイレマット

トイレマット

なぎも実家のダックスも、ワイドサイズのトイレマットを使ってます。シートはレギュラーサイズを2枚並べ、マットのワイドサイズに合わせます。

※追記:トイレシートをすぐにくちゃくちゃにするので買い換えました。

 

 

犬用食器

犬用食器

ステンレス製のお皿を使用。

 

お皿のふちにゴムがついているので、食べる時にカタカタ音がなりません。これは良い!!

 

 

 

まとめ

あと必要なのは、ペットフードやトイレシート。これで、とりあえずの環境は整います。

 

冬はクレートにホットカーペット(もちろん犬用)をひいたりと、まだまだこれだけですみませんが徐々にそろえていくのも楽しいものですよ(^_-)-☆。

 

ポチっと押していただけると励みになります!


トイ・プードルランキング