夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードルなぎとの2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

偶然?必然?余命半年と宣告された一人の男性。残された人生に訪れた奇蹟とは?

スポンサーリンク


桜

日、たまたまこちらの番組を観ていたなぎママです。

所&林修のポツンと一軒家|朝日放送

地図上で山奥の一軒家を見つけて、その場所に取材に行くという番組なのですがその中の1軒で奇跡のようなお話を聞くことが出来ました。

余命半年と宣告された男性

長野県の山奥に住んでいる一人の高齢男性。杖をつきながらも歩くことは出来るようで自身が植樹された桜を見せたいとテレビスタッフに同行を申し出ました。

広大な土地の持ち主でもある男性、その土地に何千本もの桜を最初は一人で植樹されたそうです。

植樹のきっかけ

こんなに多くの桜の木をなぜ植え始めたのか、その理由が衝撃的でした。

余命半年

男性の体は病に侵されており、ある時に医師から「余命半年」と宣告されたそうです。残された人生をどのように生きるかと考えたときに綺麗な桜を思い出し、どうせ死ぬなら綺麗な桜を観てからと考えたそうです。広大な敷地にたった一人で始めた植樹。本数も徐々に増えていきます。

噂を聞いた仲間も一人、二人と増えたそうでそのうち植樹を手伝うように。気付けば植樹を始めてから20年が過ぎていたそうです。

奇蹟

番組スタッフがどのような20年だったのか男性に問いたところ男性は笑顔で「楽しい20年だった!」とハッキリおっしゃっていたのが印象的でした。今では桜を観にお客さんがたくさん来られるようになり、植樹を通じて仲間も増えた。余命半年と宣告され、一人でスタートした植樹が「縁」を紡ぎ、男性の命も再び芽吹かせたのです。

抱えていた病はなんと完治されたそうです!これを「奇蹟」と表現せずに何と言う?

生きる目的

命を延ばし、病を完治させた「力」って何なんでしょう。私個人としてはいろんな「良い気」だと思うのですが。あと「桜を観たい」という「強い意志」とそこに向かう「目的」。「生きる希望」というのかな?そういう医学では解明できない何かしらの力が働いたのではないかと思います。

10回以上手術もされているそうなので西洋医学の力も大きいでしょうけど・・医学の力だけとは思えないエピソードでした。

こういう「奇蹟」を知ってしまうと・・・医師の宣告を鵜呑みにしちゃいけないなぁと感じた夜でした(;^_^A。