夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

ドッグフードを変えたことが功をなした!胆泥が消滅した理由を自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク


検診

炎治療中のサニー(ミニチュアダックスフンド)は、動物病院で毎年「秋の検診」を受けているんですが先日母に連れられ行ってきたようです。

「秋の検診」にはエコー検査が含まれます。理由は、脳炎治療のために服用している免疫抑制剤(シクロスポリン)が肝臓と腎臓に負担がかかるから(副作用)です。そのため定期的にエコー検査を受けているんですが嬉しい検査結果の報告が母から送られてきました。

胆泥の消滅

胆泥(たんでい)に関しては“みんなのどうぶつ親子手帳”から引用します。

胆泥症とは、何らかの原因で胆汁が濃縮して変質し泥状になったもの(胆泥)が胆嚢に貯留した状態をいいます。

人間で例えるなら「結石」のようなものらしいです。それが消えていた!素晴らしい~!!!

消滅した理由

先生から胆泥が消えた理由を聞いた訳ではないので想像の話になりますが、前回のエコー検査から今回受けるまでの間で変わったことと言えば「食事」です。

思い切ってドッグフードを変えました!

ドッグフードの見直し

変えたフードはこちら。

モグワン|手作りレシピを厳選食材で実現!穀物不使用のドッグフード―MogWan

サニーを一度東京へ引き取ったとき、なぎ(トイプードル)と同じフードで統一したかったこと(サニーが来るタイミングでなぎもモグワンに変えました)。とにかく材料が良い!

  • グレインフリー
  • 高たんぱく
  • オメガ6とオメガ3の比率が良いこと

脳炎には、オメガ3の効果が期待できそう*1なので(*^-^*)。脳の健康維持に必要なDHAやEPAが入っているドッグフードなら脳炎治療の手助けになるのでは?と考えました。それが功をなしたのか胆泥が消滅。脳とは直接関係なさそうですが体はすべての臓器が繋がって一つですから(東洋医学の考え方)。脳の炎症にも良い効果を期待したい!

モグワンのメリット

もう一つモグワンの良いところとして・・・犬の年齢に関係なく食べさせることが出来ること。サニーは7歳、なぎは8ヵ月。随分年齢に差がありますがモグワンはフードの量を年齢に合わせて調整するだけ。多頭飼いのご家庭にもお勧めです。よく犬種別とか年齢別でドッグフードが分かれていますが、あれは営業戦略のようです(;^_^A。*2

サニーの病気が発覚し、いろんな情報をネットで調べに調べまくっていた頃とあるサイトで『人間も「日本人だから」「アメリカ人だから」で食べ物が変わりますか?変わりませんよね。犬も同じです』と書かれた一文を見たんです。その時にハッとしました。まさしくそんなドッグフードを選んでいると・・・。

数年経ち、モグワンを見つけてサイトを読んでいるとき全てが腑に落ちました。「犬種も年齢も関係ないんだ。気をつけないといけないのはフードの量だけなんだ」って。

犬も家族です。いろんな考え方があるので飼い主さんが責任をもって自分の家族の健康を考えフードを選ぶ。これにつきます。サニーはモグワンがたまたま体に合ったのかもしれません。

 

エコー以外の採血検査の結果!は、後日郵送で送られてきます。数値が安定していることを祈るばかり・・。

*1:あくまで私個人の考えです。

*2:これも個人的見解です。