夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

はじめての京都。隠れ家的バーに行くならここがおすすめ。

スポンサーリンク


ロッキングチェア

回の記事に続き、またまた京都のお店のお話です。女性だけで「京都一人旅」、少なくないですよね。私も京都に居た頃は、お一人で観光されている方をよく見かけました。道を聞かれることも少なくなかったりします。

そう言えば、外国から観光に来られた方に京都駅の前で「キョウトエキヲサガシテイマス」と聞かれたことがあります(;´・ω・)。「ヒアー」(Hireとしか言えない低レベルな返し!ゆるしてや!)

京都は「一言さんお断りどすえ」というイメージがあるようですが、むしろそういうお店は減ってきております。昔は敷居の高かった祇園も、町屋的な料理屋さんが増えているし、花見小路の近くにスタバもあったり!そんな京都で女性でも一人で気軽に入れるバーを発見しました。友人が。(他力本願)

友人Rちゃん。美味しいお酒&美味しいお料理が大好き。かつてRちゃんに「なぎママの『美味しい』はハードルが低い!」と言われたことがあります。(確かにな。なんでも美味しく感じる)美味しいお店に足しげく通っているRちゃんが見つけたバーは、本当にステキでしたー!

Bar Rocking chair

ロッキングチェアって!漫画でしか見たことないわっ!名前を裏切らないかのように、お店に入って左手にロッキングチェアが1脚置いてありました。到着時は外国の方がチェアに座ってらしたんですが「なんて絵になるの!!!」と感動。ついつい見惚れてしまいました(*^-^*)。(怖い客でゴメンやで!)

バー・ロッキングチェアへようこそ ◆ Bar Rocking chair

私たちが怖かったのか、幸いすぐにロッキングチェアが空いたので、チェア近くの小さなテーブル(二人席)とロッキングチェアに腰を落ち着けた私たち。近くにはなんと!暖炉もあったりなんかしてー!なんか・・・大人!!!(すでに大人ですが)

 

店内は全体的に少し暗め、お店の中央にはカウンター、その少し奥にテーブル席がありました(数年前に訪れたので現在の店内と違う可能性あり?)。店内が薄暗いせいか、初めてお店に訪れる方でも入りやすいと思います(電気がらんらんとしていると入りづらいのは私だけか?)。女性一人でも全然OKな雰囲気。京都らしさが良い意味で裏切られるバーはまるで別世界のようでした。(飲めへんけど「バーボン」って言いたい気分)お店の場所ですが、京都の繁華街と言えば「四条河原町」。そこからは少しそれますが歩いて行けますのでご安心を。 

※京都の人たちは東西だと烏丸~河原町、南北だと五条~三条くらいまでは全然歩きます。(というか歩ける範囲内)なので、四条河原町からでも、四条烏丸からでもお店までは徒歩圏内です!