夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

衣替えシーズンに「断捨離を決意」の前にちょっと待った!「安物買いは銭失い」は本当だった件。

スポンサーリンク


断捨離

しぶりの太陽。太陽の下で洗濯物が干せることに喜びを隠しきれないなぎママです。そんな気分の上がる中、本格的に衣替えを実行しました!

断捨離

収納スペースがそれほどあるわけでもないので、何かを購入する時は変わりに不要となるものを「断捨離」しています。衣替えは「断捨離」にもってこいなので今回もおさらばする服をピックアップしました。

揃いも揃ってリーズナブルなもの

捨てる服にもそれなり「思い入れ」というものがあるので、少しだけジッと見つめて「さよなら」をしたんですが、服たちをみて気付いたんですよね。どれもこれもチープなものばかりだということを。夏は汗をかくから、という理由でチープなTシャツを買っては買い替えて、としていましたが毎年買い替えること自体チープではないのだということに気が付きます。トータルで計算が出来ていない自分。断捨離する服の山をみて気付きました。

冬服は買わない

逆に冬服はここ1,2年買ってません(そもそもチープな冬服ってあまり見かけませんが(;^_^A)。過去に購入した服たちで間に合ってます。

働いていた頃に買いためた冬服が今も健在だから、というのが買い足す必要がない理由です。働いていた頃はユナイテッドアローズスピックアンドスパンイエナなど好きなメーカーの服を買っていました。いわゆる「メーカーの服」しか買っていなかった。メーカー名を見てお分かりいただけるかと思いますが、先ほど挙げたメーカーの冬服って一着の価格が高いんです(´;ω;`)ウゥゥ。その分、生地もしっかりしているしデザインもシンプルだけどもどこか洗練されていて飽きがこないもの、ブームに左右されないのも特徴

30歳の時に購入したユナイテッドアローズの膝丈スカートは(カラーは黒、前スリットが入ったもので生地もさらっとしていてシワがつきにくい)仕事着として愛用していましたが10年以上経った今も健在です。

f:id:gwy05eiffel:20171016095910j:plain

何年経とうが、何歳になろうが服を大切に扱ってさえすればずーっと着れます。結果、コスパが良い。過去の服をみてそんなことを考えていました。

服を買う時のポイント

ショップに入り目の前の服の山をみると「あれもこれも」と欲しくなりますが、ポイントとしては「5年後にその服を自分が着ている姿を想像することができるか」です。生地、デザイン、総合的に見てどうか。

箪笥の肥やしにならない賢い買い物を私自身もしたいと思います!(エラソーに言いながら私もまだまだ未熟です)