夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

「人として」大切にしておきたい青春時代。時折ふと蘇る「センチメンタル」な名曲とは?

スポンサーリンク


思い出の曲

で出かけたときにラジオから「とぉ~くまでぇ~見える~道で~きみの~手を~握りぃしめぇたぁ~」という懐かしい曲が流れてきて一瞬中学時代にワープしたなぎママです。

同時に歌い出す旦那と私。さすがアラフォー。1曲目の歌詞を二人とも間違いなく歌い切りました。この曲は「3年B組金八先生」で流れていたんですが、この時のシリーズを私は観てなくてきんぱっつぁんに対する思い入れはありません。旦那は「加藤」だの「腐ったみかんじゃねぇ」だの当時のドラマを熱く語っていましたが・・・。

文化祭で披露した曲

私が通っていた中学校では文化祭の出し物が学年ごとに決まっていてそれを披露するわけですが、1年生は合唱でした。

人として

私のクラスは先ほどの金八先生の主題歌「人として」を歌うことに。練習時に初めて聞く「人として」。曲自体の印象はとくに可も不可もなく・・・。でも不思議なことに練習していくとどんどん自分の中に入っていき文化祭の時は歌うことが楽しくて楽しくて。まるで映画「天使にラブソングを」の世界(笑)。そして40代になり改めて歌詞をみると・・・ささります。だから中学生に歌わせたのかな、やるな先生。

そんな良いイメージが残っている「人として」。

ただただ明るいポップな曲

もう一曲。何歳になっても時折ふとこの曲のスイッチが入ります。

Sunny Day Sunday

男女2人組ユニット"センチメンタル・バス"の曲です。この曲はポカリスエットのCMで流れているのを見てすぐに8cmCD(懐かしい~)を購入。カラオケで歌いまくった思い出の曲(笑)。ボーカルのアフロヘアが印象的でした。聞くだけでただただ元気が出るのでよく聞いてました。今でも全然通用しますよね~。

最近いろんなバンドが再結成をしていますが、私が一番再結成してほしいのはジュディマリことJUDY AND MARY。「高校を卒業したらお金をためてライブに絶対行く!」と決めていたのにその願いが叶わずでした。不完全燃焼のまま記憶の片隅にいるジュディマリ。ジュディマリについてはまた後日・・・。