夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードルなぎとの2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

ゲッターズ飯田さんの「裏運気の超え方」を購入して考えた2018年裏運気の迎え方。

スポンサーリンク


f:id:gwy05eiffel:20171216164701j:plain

族から「ゲッターズ飯田信者」と呼ばれているなぎママです。ゲッターズ飯田さんの占いで具体的に何かが当たったわけではないのですが「統計学」+「昔からの占い方法」に魅了されております。過去の運気をみると納得出来るというか。そういう運気だったのか、だからこの頃何をやっても上手く行ってなかったのかと「腑に落ちた」感があります。

2018年は裏運気

姪っ子に「裏運気は悪い年ってこと?」と聞かれ「良いとか悪いとかじゃないよ」と伝えていたものの自分自身2018年が裏運気だと知ると「来年一年間は運気が悪いんや・・」などと思っていた節がありました。そんなタイミングで発売されたゲッターズ飯田さんの新書「裏運気の超え方」。

裏運気との向き合い方

ゲッターズ飯田さんも本の中で記されているのですが「裏運気=悪い」ということではないそうです。「裏運気」の時に良い方へ向かうこともあるそう。ただ2年間という期間限定なので2年後に「軌道修正」が必要とのこと(詳しくは本でご確認ください)

普段と違う自分が出やすい

普段と違う自分が出やすい、普段と真逆の状況に置かれる、ということは自分の悪いところを軌道修正するチャンスもあるということかな?昨日のブログにも書きましたが私は人に対して「口がすぎる(言葉がきつ過ぎる)」ことがありそれが最大の欠点でもあります。実際、母親からもしょっちゅう注意されていたし、思い返せば会社でも意見をドストレートに言ったこともあった・・・。大切な人を本当に傷つけてしまう前に自分なりの「軌道修正」をしなければ。そのタイミングには最適なのかもしれない!

自分自身を変えるってそうとう意志を強くもたないと難しい。そういう意味では相手に指摘されたことは自分なりに受け止めないといけない。「自分は正しい」と思っていたり、相手が何故怒ったのかをきちんと考えない限りどれだけ片方が頑張っても状況は変わらない。互いに努力が必要なのです(あっ、いつの間にか昨日の記事の続きになってました(;^_^A)

苦手な事に向き合う一年に

他に何かあるかなぁと考えるとまぁ自分の嫌なところがいろいろと出てくるもんです(;^_^A。その幾つかある「自分の嫌なところ(苦手な事)」を直すことにチャレンジしてみようかな?という風にきっかけを作ってくれるのですよね、ゲッターズ飯田さんの著書って(笑)。私が今ゲッターズ飯田さんにハマっている理由も「今の私に必要な考え」なのだと思います。今後のことを考えるきっかけとしてゲッターズ飯田さんの本に出会うべくして出会ったのかな、と。あとは決めたことを実行してみて一年後どんな自分でどんな環境に居るのか・・・。そう考えると裏運気も悪くない!!