夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

知らなかった!紫陽花の謎。

スポンサーリンク


あじさいの謎

日も朝から暑いですね。それでもそんなの関係ねぇと言わんばかりに"なぎ"は元気です。(窓の外をみて黄昏中のなぎ)

黄昏のトイプードル

そんな黄昏中のなぎと、今日仕事が休みの旦那と共に近所の大きな公園までお散歩へ。いつものお散歩コースには、紫陽花をたくさん愛でることが出来ます。その中に前から気になっていた真っ白な紫陽花があるので、今日は写真におさめてきました!

真っ白な紫陽花

真っ白の紫陽花をこれまであまり観たことがなかったんで、初めて観た時は感動しました。その感動を旦那に伝えたところ、

「花の色は土壌の酸性度で変わるんだよね。」

とさらっと一言。「種類の違い?」かと聞くと、同じ種類で花の色が違うと。で、その理由がなんと科学だったんですよねぇ!

紫陽花と土壌の関係性

土が「酸性」「中性」「アルカリ性」かによって紫陽花の色が変わるそうです。

 

酸性→青系の紫陽花

中性→紫系の紫陽花

アルカリ性→ピンク系の紫陽花

 

日本は酸性の土壌が多いので、道に自然と咲いている紫陽花は青系が多いそうです。知っている方には、「えっ!今さらか!」と思われそうですが、恥ずかしながら今さらな私(;^_^A。と、思っていたら今朝の情報番組「ビビット」でも紫陽花の色が話題になっていました。良かった・・・私だけが知らなかったわけではなかった・・・。