夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

洗濯ものは、叩いて伸ばしてパッパッパ!

スポンサーリンク


洗濯

「洗濯ものを干すのは好きやけど、たたむの嫌いやわ~」と昔母がよく言ってました(今思えば「あんた、暇やったらたたんで」のアピールだったのか?)。当時、洗濯ものをたたむのは嫌いではなかった(好きでもなかった)ので、母の好きなことと嫌いなことは私とは逆だと思っていました。

洗濯

手洗いしている人や二層式洗濯機でもない限り、すべて自動で出来てしまう洗濯。「私、家事の中で一番洗濯が得意なんです」とも言えなくなりましたよね(;^_^A。ただその後の「干す」「たたむ」はどうしても人の手でないとできない、それも洗濯。う~ん、悩ましい。

「好き」から「面倒くさい」へ

前は洗濯ものをたたむことに何の面倒くささも感じなかったのに、今やすこぶる面倒くさい。「後で、後で」で結局いつも夕食前にバタバタと取り込んでたたみ始める始末。取り込むのが遅くなればなるほど洗濯ものは日にも焼けるし、良いことはない。ぐしゃっと置けばしわもついてアイロンがけまでしないといけないことに(アイロンがけは好きですが、準備が嫌い)そこでたたむときに少しでも楽ができないかと考えるようになりました。

洗濯直後が肝心

わかったんです、私。「洗濯」の山場は洗濯し終わった直後が勝負だということを。洗濯し終わったらすぐハンガーに吊るす。これ肝心。当たり前のようですが出来ないケース多くないですか?ちょっとこの番組を観てから、としているうちにどんどん洗濯ものはからまった状態でかたまり続け、ハンガーに吊るすときに引き離す手間が発生しますよ。後々ラクになる工程は2つだけ。

  1. ハンガーに吊るした衣類は、しわを伸ばすために軽く叩くく。強く叩くと衣類も痛むし、手もだるい。
  2. 叩いた後、アイロンがけが必要そうな服はさらに「縦」「横」「斜め」に軽く伸ばす。「斜め」は右上、左上からそれぞれ引っ張ってくださいね(高級な生地の服には必要ないと思います。素材自体、しわがつきにくいと思うので)

たったこれだけ。って言ってもこの工程、けっこうな時間がかかります。1着1着ですからね。でもこれでノーアイロンに(仕事着にしているポロシャツは毎日洗うのでノーアイロンですむように毎日この工程を実践しています)

洗濯が嫌いな人は、洗ったあとの工程が嫌いなだけ

最初にも言いましたが、今や洗濯機がすべてやってくれる時代。それでも洗濯が面倒くさいと思う人は、「洗濯が嫌い」なわけじゃなく、それに付随する工程が嫌いなんだと思います。全部をきちんとするのももちろんアリですが、ひと手間加えて後々の作業を効率よく済ますのも家事のコツではないでしょうか。

 

▼ちなみに私、アイロンがけは好きです。準備が嫌いなだけで。

すぐに使えるアイロンのかけかたテクニック。 - 好きなものに囲まれて暮らす。