夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

つけま&エクステは、元気に働く女性のミカタ!

スポンサーリンク


まつげ

まや男性も「つけまつ毛」や「エクステ」をするようになったんですね(*''ω''*)。いやはや女性はますます手を抜けなくなりますな(どこのおじさん?)。何故そのように感じたかと言うと、ある番組にぺこりゅう(ぺこ&りゅうちぇる)が出ていたんですがりゅうちぇるの目元にくぎ付けになった私・・・。つけまつ毛(もしくはエクステ)してる!!!なかなかの衝撃でした。だって明らかに目元が女の子だったし。でも中性的なりゅうちぇるのキャラでつけまつ毛もすぐに見慣れましたけどね。

たかがまつ毛、されどまつ毛

私はつけまつ毛はしたことがありません。購入したこともありません。なぜなら不器用だから!です。つけまつ毛って手先が器用でないと出来ないので、若い子たちって器用なんだなぁと感心してしまいます。その代わりと言ってはなんですが、20代から30代頃までまつ毛パーマをかけてました(当時はエクステなんてなかったのだよ)。京都で自宅開業されているお姉さんが母の知り合いにいまして、母の紹介ではじめて訪れたんですがまつ毛がクルンと上がるだけでこんなに顔の雰囲気が変わるのかと衝撃を受けたことを今でも覚えています。それ以来、まつ毛パーマは欠かすことのできないオシャレアイテム(アイテム?ではないけども)となりました。その後、エクステが登場し現在に至ります。

エクステのもどかしさ

エクステが流行りだした頃、大阪の梅田へエクステ体験しに行きました。高層マンションの一室に入りいざっ!

エクステ

施術が終わり、手鏡で自分の顔をみたとき・・・

エクステ凄っっっ!

自然なまつ毛の長さに本当のまつ毛のような柔らかさ・・・まつ毛の量が増えるので目元もかなりはっきりします(まつ毛パーマの場合、量は増えないからね)。これはまつ毛パーマ以上に感動~。お値段はそこそこするものの、目元に可憐さが出るなら致し方ない!定期的に通うか!とまで決心をさせたエクステ。エクステのあまりの自然さにつけていることを忘れ、いつもどおりに洗顔をした時に「エクステ」をふと思い出しました。ゴシゴシ洗ってはいけない、ソフトにふんわり洗顔をする私。でもそれが私にはかなりもどかしいっ!顔をゴシゴシ洗いたいし、バサバサと拭きたい!洗顔をするたびに毎回「エクステ取れないように」と意識すること自体ストレスになりそうなのでエクステの継続を断念しました(断念する理由が男前やろ)

目元の印象で顔が変わる

エクステはあきらめ、まつ毛パーマに戻った私。まつ毛パーマでも十分に気分は高揚するのでその後10年以上通いました。現在私のまつ毛はごくごく自然な状態(まつ毛パーマもエクステもしていません)ですが、それでも時々まつ毛のオシャレがしたいな、と思います(美容院よりも)。それだけまつ毛が顔にもたらす印象は大きいのです。

 

大きな仕事を任された時、人前に出る時、いつもまつ毛パーマで気合を入れていたことを思い出します。働く女性の元気のミナモトになっているまつ毛のオシャレ。

女性の味方

自分に自信がもてないない方にぜひチャレンジしてほしい!なぜなら私がそうだったから。自分に自信がなかったから。まつ毛パーマと出会わなければどんな目つきのままだったのか(そんな馬鹿な)わかりません。オシャレの最大の敵は"躊躇すること"です。迷ったらとりあえず一歩踏み出してみてください!