夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

わが家から「ぞうきん」がなくなった日。

スポンサーリンク


ぞうきん

 とんどの家にあるぞうきん。ぞうきんって使い分ければどこでもなんでも拭けて便利です。でも、私は一人暮らしを始めてから一度もぞうきんを家の中に置いていたことがありません。だって・・・ぞうきんっていります?絶対に必要?

ぞうきんがなくても困らない時代

小学生の頃、一度は学校から「ぞうきん持参」指令が出ましたよね。子どもの頃は「またか」と思っていましたが、大人になって振り返れば学校という広い敷地、木の床、コンクリートの洗面台、そのすべてを掃除するにはぞうきんが何枚あっても足りません。確かに枚数が必要です。木の床にクイックルワイパー的なシートは使えない(ささくれている部分があれば簡単に破れるし)し、学校に掃除機はない。あるかもしれませんが、生徒たちは使わせてもらえない。となると、ぞうきんで掃除をすることはごくごく自然なことです。

小学校

じゃあ、今の自分たちの住まい(環境)はどうだろう?木の床やコンクリート(打ちっぱなしの壁は別)はほぼ無く、フローリングや大理石をつかった洗面台など随分変わりましたよね。そうなるとはたしてどうしてもぞうきんでないとダメな場所ってあるのだろうか、と考えるわけです。

わが家からぞうきんがなくなったきっかけ

旦那の強い要望で、トイレにぞうきんを置いていたことがあります。「トイレ掃除にはぞうきんが必要!ぞうきんがあれば毎日掃除する!」「お前は子供か・・・」という言葉を飲み込み、毎日「トイレ掃除がしたい」という言葉を信じぞうきんを購入。仕事から帰ってきたらお風呂に入る前にトイレ掃除を毎日していた旦那。エライ、エライと思っていました。その時は・・・。

 

そんなある日、トイレから異臭が。気のせいかと思いましたが「くさっ!!!」猛烈な異臭が鼻をつきました。いやいやいやいや・・・絶対くさいやん!トイレの便器か?排水溝か?とクンクンしながら根源を探すと異臭を放っていたのは便器の裏に置いていたぞうきんでした!トイレ掃除するなら・・・

 

ぞうきんの管理もしてくれーーー!!!

 

仕事から帰ってきた旦那に「ぞうきんの管理もしてくれ」と伝えましたが、返ってきた反応に「たぶんやらん(*_ _)」とふんだ私は洗いなおしたぞうきんで拭けるところをすべて拭きとり、旦那に内緒でぞうきんとはサヨナラしました。旦那はブツブツ言ってましたが、気にしない。

ぞうきんの代わりになるもの

トイレからぞうきんが消えたわが家の掃除道具は何かというとトイレットペーパーです。「トイレットペーパーで拭いたら、ボロボロになるから嫌なんだよね~」とまるで毎日トイレ掃除をやっているかのように発言する旦那。毎日トイレ掃除をしていたらボロボロになるほど、拭かんでいいんじゃいっ!

 

そうなんです。こまめに掃除をしていればトイレットペーパーで充分なんです。トイレの床は部屋の掃除のついでに最後にクイックルワイパーで拭き取ります。床の一部が汚れていたらトイレに入ったついでにトイレットペーパーでささっと拭き取ればぞうきんがなくったって十分綺麗に保てます。しっかり拭きたい場所は、キッチンペーパーで代用。トイレットペーパーもキッチンペーパーも使い終わればゴミ箱へポイ。異臭が出ることもないし、何よりぞうきんを綺麗に洗わないといけないというプレッシャーもない!ぞうきんからの解放!素晴らしい!

雑巾と言えば思い出すあの曲

高校時代に流行したBAKUの"ぞうきん"という曲。ぞうきんの話をすると頭の中でこの曲が流れます。あらためてPVを観ると曲より登場人物の前髪が気になりますが、懐かしいなぁ。


BAKU ぞうきん

まとめ

わが家の"ぞうきん紛争"は私の一方的な言いがかりで終わりましたが(笑)、ぞうきんと上手につきあっている方も多いんだろうなぁと思いつつ、面倒くさがりの私のやり方もどなたかの参考になれば嬉しいです!省ける手間は省いて、気持ちの良い部屋で毎日を過ごしましょう~(*^-^*)。