夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

一度はゼッタイ観ておくべき、昔のドラマ!

スポンサーリンク


懐かしいドラマ

でこそドラマはあまり観なくなりましたが、中学生くらいから二十歳くらいまでは毎日最低1本は連ドラを観ていた気がします。昔のドラマを思い出すタイミングはバラバラですが、FMから流れる「かつてドラマの主題歌だった曲」を聴くと無性に観たくなったりします。

伝説の"スチュワーデス物語"

以前、なぜか唐突に「スチュワーデス物語」が観たくなりツタヤでレンタルしました。主役だった堀ちえみさん意外は演技がうまく(当たり前か)思っていたより普通のドラマ(どんなイメージ?)でしたが堀ちえみさんの演技が大根すぎました!


スチュワーデス物語予告編

誤解の内容に言っておきますが、私大好きなんです!堀ちえみさん。だって歌を歌いながら靴を飛ばすアイドル他にいますか?


ハイヒール 観覧者直撃!【 堀ちえみ 生放送でハプニング! ハイヒール蹴り飛ばし 】 稲妻パラダイス  アノテーションオンで!

決して、ディスってません。

バブル黄金期~トレンディドラマ~闇期

今観ても面白いであろうドラマをピックアップしてみました。

バブル黄金期

◆抱きしめたい!(浅野温子・浅野ゆう子・石田純一)

ザ・バブル!!東京の人たちは皆こんな家に住んでいるのかと思いながら観てました。

トレンディドラマ

◆想い出にかわるまで(今井美樹・石田純一・松下由樹)

姉(今井美樹)の婚約者(石田純一)を寝取る妹(松下由樹)。元祖ドロドロドラマ。

◆ヴァンサンカン・結婚(安田成美・菊池桃子・石黒賢)

ヴァンサンカン=25歳。25歳で結婚云々って今なら考えられない!

◆世界で一番君が好き!(浅野温子・三上博史)

主題歌の最後で浅野温子さんと三上博史さんがブチューとキスをするシーンに毎回ドキドキしていました!

◆愛しあってるかい!(小泉今日子・陣内孝則・柳葉敏郎)

陣内さんがやたら「愛しあってるかい!」と叫ぶドラマ。単純に楽しめる。

◆君の瞳をタイホする!(浅野ゆう子・陣内孝則・三上博史・柳葉敏郎)

子持ちの浅野ゆう子さんに恋心を抱く陣内孝則さん。という記憶しかない。

◆東京ラブストーリー(織田裕二・鈴木保奈美・江口洋介・有森也実)

言わずもがな、ですね。一言いうならば「カンチ、超優柔不断男!」ってとこでしょうか。

◆101回目のプロポーズ(浅野温子・武田鉄矢・江口洋介)

これも有名ですよね。浅野温子さんの亡くなったフィアンセに似ている役だった長谷川初則さんを出し惜しみしてたなー。

◆29歳のクリスマス(山口智子・松下由樹・柳葉敏郎・水野真紀)

このドラマを観て「29歳までには結婚せな!」と思ってましたが、軽く超えました。29歳なんて若い若い!主題歌だったマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」はヒットしましたね。

闇期

◆高校教師(真田広之・桜井幸子)

かなりセンセーショナルなドラマでした!このドラマから闇のドラマ時代が始まりました。

◆もう誰も愛さない(吉田栄作・山口智子・田中美奈子)

吉田栄作さんが「ウォーウォー」と叫び、ドラマの中で山口智子さんがロングヘアからショートヘアへ大胆に変身。この文章だけだとオカルトドラマと勘違いされそうなので「復讐劇」であることだけ付け加えさせていただきます。

◆若者のすべて(萩原聖人・木村拓哉)

正直あまり記憶にない。萩原聖人さんが工場で働いている若者だったような記憶がうっすらある程度。明るいストーリーでないことは確か。

◆人間・失格~たとえぼぼくが死んだら(キンキキッズ・赤井英和・斉藤洋介)

もうね、辛い以外の何物でもないドラマ。いじめを題材にしています。

◆未成年(いしだ壱成・香取慎吾)

これも辛かったな。はっきりとしたストーリーは覚えてませんが。

◆この世の果て(三上博史・鈴木保奈美)

鈴木保奈美さんの新しい役どころではなかったでしょうか。いい意味でイメージの払拭ができました。

◆眠れる森(木村拓哉・中山美穂・仲村トオル)

最後ね・・切なかった・・。それだけ。

◆愛という名のもとに(唐沢寿明・鈴木保奈美・江口洋介・深津絵里)

チョロが・・・ショックでした。チョロのことと、仲間全員で詩を朗読するシーンの印象しかない。

◆聖者の行進(いしだ壱成・酒井法子・広末涼子)

ストーリーが思い出せません・・・。でもこのグループには属します。

◆太陽は沈まない(滝沢秀明・松雪泰子)

毎週毎週どんよりするストーリーだったなぁ。エルトンジョンの曲もドラマに合ってた!

◆この愛に生きて(安田成美・岸谷五朗)

はじめて岸谷五朗さんを目にしたドラマ。ここからどんどんドラマで見かけるようになりました。

地味に良いお勧めドラマ

◆東京エレベーターガール(宮沢りえ・赤井英和)

不倫ドラマ。宮沢りえさんが綺麗~。赤井英和さんを元ボクサーと知らず俳優だと思って観ていました。赤井さんは長女の名前に、このドラマの宮沢りえさんの役名「つかさ」を付けたそうです。

◆ひとり暮らし(常盤貴子・永作博美・高橋克典)

ユーミンの主題歌「最後の嘘」がいいのよね。アンニュイな印象が残っているドラマ。

◆ひと夏のラブレター(松下由樹・高橋克典)

1話目で登場した高橋克典さんを観た瞬間、生まれて初めて男性の色気を感じました。

◆友達の恋人(桜井幸子・瀬戸朝香・安藤政信)

主題歌「WONDER」が好きすぎました。

◆パパとなっちゃん(小泉今日子・田村正和)

最終話お嫁に嫁ぐなっちゃんからパパへの挨拶。涙涙涙でした。田村正和さんの演技もすごかった!ダウンタウンのはまちゃんも出演しています!

◆愛するということ(小泉今日子・緒方直人)

キョンキョンが歌っている主題歌「優しい雨」は今も大好きな曲。カラオケでよく歌ったなぁ。

◆十年愛(浜田雅功・田中美佐子)

「ありが~とぉ~」大江千里さんの主題歌と長きにわたる恋愛。シリアスなドラマです。めちゃくちゃ好きなドラマでした。

◆カバチタレ(深津絵里・常盤貴子)

一話完結で観ていて気持ちが良いドラマ。深津絵里さんカッコよかったなぁ。

◆彼女たちの時代(深津絵里・水野美紀・中山忍・椎名桔平)

深津絵里さんが友達のために走ってかけつけるシーンがやたらと多かった。NINAが歌う主題歌「Happy Tomorrow」も良かったです!

◆ピュア(和久井映見・堤真一)

和久井映見さんの演技と最後の悲しい結末。でも感動の余韻が残るドラマ。

記憶から消えないドラマのセリフ

私たちの年代だと「杉浦美幸」さんを忘れてはいけません。「ヤヌスの鏡」「このこ誰の子?」で一躍有名になった80年代アイドル。

 

「ヤヌスの鏡」「このこ誰の子?」は私が10歳~11歳の頃に観ていたドラマ(おませさん)だったんですが、そんな子供の私の脳裏にピタっとついて離れないセリフがありました。「ヤヌスの鏡」で出てきたセリフです。

「たっちん、ネオンの海を泳ぎに行こうじゃないか」

ネオンてっ!ネオンの海って!!衝撃的なセリフでした。カッコイイとさえ思っていました。このセリフだけでご飯3杯いけそうです。いかがでしたでしょうか。同年代の方には「懐かしい~」と思ってもらえたでしょうか。他に思い出したらまたアップします!