夫婦2人とわんこ1匹。好きなものに囲まれて暮らす。

好きなものに囲まれて暮らす。

夫婦とトイプードル凪(なぎ)との2人+1匹暮らし。いろんなことに「オタク」な「なぎパパ」、「ショッピング好き」の「なぎママ」が好きなことを綴っています。凪との暮らしも公開!?

【肩こりに効く】足もみで肩こり解消!仕事中でも出来る簡単な方法とは?

スポンサーリンク


こりはつらいですよね。私もよく肩がこるんですが、日本人の7割以上の方が「肩こり」を感じたことがあるそうです(旦那は「肩こりの経験がない」らしい)。肩こりの主な原因として、目の疲れ体の歪み便秘などの一見「肩」とは直接関係のなさそうなものがあります。私も肩こりとのお付き合いが長くて・・・。原因は姿勢。よくパソコンを使用するので気が付くと猫背になっていたりします。あとは「目の疲れ」。パソコン+スマホの使用で、しょっちゅう目がシバシバになります。

 

出かける前に酷い頭痛が起こったときは即効性のある薬に頼りますが、なるべくなら体に薬を入れたくないですよね。リフレクソロジストという仕事柄『足うらからのアプローチ方法』を知っているので出来れば「足」で治したい。でも「吐き気」をもよおすほどの頭痛の時には足をもむことさえ無理。そんな時だけ「薬頼み」です。それでも効かないことがたまにありますが・・・。

肩こりの対処方法(足もみバージョン)

 本来はそこまで酷くなる前に解消したいところ。そこで、今日は「肩こりが軽減できる足もみ」をご紹介します!刺激する場所は足うら。指の下の盛り上がっている部分。地面に一番着地している場所ですよね。

 

※ここは僧帽筋を刺激するゾーンです。「なぜこのゾーンが僧帽筋なのか」詳しい説明は省きますが、足もみにはきちんとした歴史や研究結果があります。このゾーンを刺激することで肩の体温が上がることもサーモグラフィのテストで立証されています。

裸足になれる方は、直接この部分を棒や指で指先側からかかとに向かって一方通行でゴリゴリしてください。仕事中の場合は、靴をこっそり脱いでいただいて机や椅子の脚の角でゴリゴリと刺激してください。一方通行が難しい場合は往復してもらってもかまいません(出来れば一方通行を推奨します)。指先からかかと側に向かって刺激する理由は、血液の流れに沿っているからです。そもそも「肩がこる」とはその部分の血流が悪くなっているからですよね。心臓から飛び出た綺麗な血液は、動脈を通って全身を巡り各細胞の老廃物を回収しながら静脈を通じて再び心臓に戻ります。体が冷えて血液の流れが悪くなると、老廃物も運ばれず同じところにとどまりいろんな症状が体に表れます。体を冷やさないことが一番なんですが、肩こりが起こってしまったらぜひ足うらのマッサージを試してみてくださいね(^_-)-☆。